人と水との関係


人と水との関係

人にとって水はなくてはならないものです。

野菜や果物といった植物と一緒で、水を飲まないと喉が渇くし、水分不足によって肌がかさつく場合も十分あります。

では、もしずっと水分を補給しない場合が続いたらどうなるのでしょうか?

人間は体外から水分を補給できない状態が続く場合は血管の濃度が濃くなり、血液の循環が滞るようになります。

この滞った状態になると心臓や脳に負担がかかり、最悪血管がつまるという事態にもなりかねないのです。

脳梗塞や心筋梗塞といった病気がそれです。

毎日全身をかけめぐり、細胞を日々変えてくれる水なので毎日の水分補給は健康を保つ上で欠かせない行為なのです。

しかし、よく水を飲みすぎると太る、朝起きると体がむくむというマイナス要素がいわれています。

これはまったく問題がありません。

自分の体内の排泄機能や肝機能がきちんとしていれば水太りやむくみにはならないはずです。

水は命の源。

ウォーターサーバーなどでいつも身近においしい水を適度に飲むことは、体のめぐりを良くして豊かでシンプルな生活につながる一歩になるはずです。


タイトルとURLをコピーしました